2017年4月30日(日)

【吐玉泉】

1千万人達成のくす玉を割る徳永理さん、育豊さん親子(右から)=水戸市三の丸の県立図書館

▲県立図書館(水戸市三の丸)の入館者がきのう、1千万人に達し、同館ロビーで記念セレモニーが開かれた。1千万人目を射止めた同市千波町、市立緑岡小2年、徳永育豊(いくと)君(7)と父親の理さん(36)が、小野寺俊県教育長らとくす玉を割って祝い、記念品をプレゼントされた=写真。
▲思いがけない贈り物に、育豊君は「当たるなんて思わなかった。選ばれてすごくうれしい」、理さんは「久しぶりに息子と出掛けた先で、こんな記念に巡り会い、いい思い出になった」とそれぞれ喜びを語った。
▲県立図書館は、県庁移転に伴い残された旧県議会議事堂を改装し、2001年3月24日に開館。その6年後の07年3月に入館者500万人を達成した。小野寺教育長は「活字離れが進んでいるが、いろいろな形で県民に寄与していきたい」と話した。

2017 年
 4 月 30 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス