2017年8月22日(火)

【吐玉泉】

山口やちゑ副知事に石岡市産の高級ナシ「ありのみ」をPRする森戸誉史会長=県庁

▲石岡市産の高級ナシ「ありのみ」の本格出荷が始まり、市内のナシ生産者で組織する「石岡市ありのみ協議会」(森戸誉史会長)の関係者がきのう、県庁に山口やちゑ副知事を表敬訪問し、高糖度で大玉のナシをPRした。

▲縁起を担いでナシの実を「有りの実」と呼ぶことに由来して命名された。7月に設立した同協議会には27人が参加。糖度12度以上、3Lサイズ以上という品質基準を定め、糖度計付き選果機で厳選品のみを出荷する。栽培品種は県の主要品種「幸水」で月末にかけて出荷される。

▲山口副知事は「高級感があってすごくおいしい」と太鼓判。森戸会長は「天候が心配されたが、十分大きく、甘いナシができた。より多くの人に食べてもらいたい」と話した。

2017 年
 8 月 23 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス