2018年1月24日(水)

【吐玉泉】

25日まで開催されている「手をつなぐ子らの作品展」=土浦市大和町

▲土浦市内の特別支援学級の生徒による展覧会「手をつなぐ子らの作品展」(市教育研究会、同特別支援研究部主催)が、同市大和町の県県南生涯学習センター(ウララビル5階)で開かれている。あすまで。

▲作品展は48回目。同市内の小中学校の特別支援学級や県立土浦特別支援学校など、計26校の児童や生徒約370人が作品約600点を出品。水彩画や布製バッグ、木工作品など工夫を凝らした色鮮やかな作品が並ぶ。

▲特別支援教育研究部で同展を担当する市立神立小の柴田光江教諭(58)は「子どもたちの個性を生かした作品を数多く展示している。ぜひ見に来てほしい」と来場を呼び掛けている。午前9時から午後9時まで。

2018 年
 1 月 24 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス