2018年11月17日(土)

【吐玉泉】

丹精込めて育てられた作品が並ぶ盆栽展=日立市幸町

▲日本盆栽協会県支部連合会(塩田満夫会長、会員計約160人)の盆栽展がきのう、日立市幸町1丁目の日立シビックセンターで開幕した。日立支部を中心に県内8支部から1人1点を出展。ゴヨウマツやヤマモミジなど風景を感じさせる丹精込めた作品43点が並ぶ=写真。18日まで。
▲会場には大小さまざまな盆栽が展示されており、それぞれが背景をイメージできるように飾られている。曲がりくねったマツや色鮮やかなピラカンサ、どっしりとしたゴヨウマツなど木の種類も多彩で、来場者を楽しませている。
▲塩田会長は「季節感もあり、景色を思い浮かべられる作品がそろっている。ぜひ見て風景を感じ取ってほしい」と来場を呼び掛けている。同展は2年に1回開かれ、今年で7回目。

2018 年
 11 月 17 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス