2019年1月19日(土)

【吐玉泉】

不審者対応について説明する行方警察署生活安全課スクールサポーターの皆藤誠志さん(中央)=延方小学校

▲潮来市小泉の市立延方小(山田真奈美校長)はきのう、不審な男が1年生の教室に近づき、全校児童が体育館へ避難するという想定で、全校児童を対象に、不審者侵入時の避難訓練を行った。
▲連絡を受けた教員が校舎の鍵を閉めて不審者への対応に備える一方、児童らは体育館へ移動した。行方署員らが管内の不審者情報や、登下校時に不審者に遭遇した際の対応などを語った。
▲同署生活安全課スクールサポーターの皆藤誠志さんは、不審者に遭遇すると、とっさに大声を出すことが難しいとして、「防犯標語の『いかのおすし』はみんな知っていると思うが、頭だけでなく体で覚えてほしい」と呼び掛けた。

2019 年
 1 月 19 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス