◆2016年11月◆

子どもの視線に緊張感

今月は秋色を題材にした風景や、県北芸術祭にからむ写真204点の応募がありました。

最優秀賞は圷晃さん(常陸大宮市)の「もうすぐ出番だ」です。西塩子の回り舞台でしょうか、舞台をのぞく視線に、出番が近づく緊張感が漂っています。構図がシンプルにまとめられ、主役の子どもの胸の高鳴りが伝わるような、訴求力のある写真です。

優秀賞は庄司茂樹さん(那珂市)の「森の中の小さな祭り」と助川護さん(常陸大宮市)の「泣くが勝ち」です。「森の中の小さな祭り」は、こけむした切り株にびっしり生えたキノコを祭りに見立てたユーモアが光ります。光のコントロールもよく、奥行きある作品に仕上がっています。「泣くが勝ち」は背景や登場人物などの取り込み方が絶妙で、構図センスの良さがうかがえます。子どもや行司の表情もよく、爽やかな写真です。 (写真映像部長・山本和朗)



「もうすぐ出番だ」 圷晃(常陸大宮市)
フジフイルム 24-720ミリ f8 
シャッターオート ISO400=常陸大宮市




「森の中の小さな祭り」 庄司茂樹(那珂市)
オリンパス 14-54ミリ f11 2.5秒 ISO100 PLフィルター=日立市


「泣くが勝ち」 助川護(常陸大宮市)
ニコンD700 f8 シャッターオート ISO400=栃木県




「盛り上げる艶あで娘むすめ」 田上勤(城里町)


「ばあば これ」 飯田正弘(常陸太田市)


「リズムにのって」 佐藤邦夫(東海村)


「朝日射す頃」 米川誠(茨城町)


「乙女の願い」 佐々木敏勝(日立市)


「カメラマンの木」 川和田潤(水戸市)


「ドヤ顔」 鈴木留雄(北茨城市)


「復興の雲立つ」 山口定夫(常総市)


「終演」 藤田孝雄(常陸大宮市)


「出た〜」 大原政広(水戸市)

2017 年
 1 月 22 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス