柔らかな光、先祖に感謝 潮来、潮音寺で万燈会:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2014年8月14日(木)
柔らかな光、先祖に感謝 潮来、潮音寺で万燈会


【写真説明】
柔らかな光に包まれる潮音寺の境内=潮来市日の出



1万本のろうそくがともる「万燈会(まんとうえ)」が13日、潮来市日の出の潮音寺(生駒基達住職)で始まり、夜の境内が幻想的な光に包まれた。

万燈会はお盆の迎え火、送り火で、先祖に感謝し、世界平和を願う夏の風物詩。献燈器は全国から集まり、本堂の前は、ろうそくの柔らかな光が揺らめき、幽玄な世界が広がった。

万燈会は16日までで、午後6時頃に光がともされる。(黒羽根勝弘)




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN