全国こども陶芸展inかさま 小中学生の力作募集:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2019年4月19日(金)
全国こども陶芸展inかさま 小中学生の力作募集
羽ばたけ豊かな感性

茨城新聞社と笠間市、同市教育委員会は全国の小中学生を対象に「第19回全国こども陶芸展inかさま」の陶芸作品を募集します。同展は次代を担う子どもたちに、陶芸を通して創意工夫を奨励し、豊かな感性と自由な想像力を養ってもらおうと開催。入賞作品は7月26日〜9月1日まで、笠間市笠間の県陶芸美術館に展示します。

募集要項は次の通り。

【募集部門】
A部門(小学1〜3年生)、B部門(小学4〜6年生)、C部門(中学生)
※申し込み時点の学年対象

【応募点数】
1人1作品(共同制作は不可)

【作品規定】
テーマは自由。土を素材にした焼き物(本焼)で制作後1年以内の未発表作品。盗作や贋作(がんさく)、キャラクターなどの類似作品は不可。大きさは40センチ×30センチ×30センチ以内で、重さ20キロ以内。組み作品は10点まで。

【出品料】無料

【応募手順】
▽出品申し込み 所定の出品申込書を申込期間(5月1日〜6月7日消印有効)内に事務局に郵送する。送付先は〒310-8686 水戸市笠原町978の25県開発公社ビル 茨城新聞社地域連携室「全国こども陶芸展inかさま事務局」。または、茨城新聞社ホームページより入力申し込みをする(5月1日開設)。

▽作品送付 作品に名札を貼付し、受付期間(6月10〜17日必着)内に日本通運水戸支店に送付する。送り先は〒310-0843 水戸市元石川町権現台276の16 日本通運水戸支店気付「全国こども陶芸展inかさま係」

【特別賞】
最優秀賞、茨城県知事賞、茨城県教育長賞、茨城県陶芸美術館長賞、茨城新聞社長賞、笠間市長賞、笠間市教育長賞、NHK水戸放送局長賞、茨城県立笠間陶芸大学校長賞、茨城工芸会長賞、笠間焼協同組合理事長賞、笠間焼伝統工芸士会長賞、笠間日動美術館長賞(以上各部門各1点)

【優秀賞】
各部門13点
【選奨】
3部門合計で72点
【参加賞】
全員

【展示点数】
3部門の特別賞、優秀賞、選奨の計150点と中学3年生の全作品

【作品搬出】
事務局が返送。費用は出品者負担

【審査員】
金子賢治(審査員長、県陶芸美術館長)、清水明(県教育研究会図画工作・美術教育研究部長)、佐藤茂(茨城県立笠間陶芸大学校副校長)、寺本守(茨城工芸会長)、大津廣司(笠間焼協同組合理事長)、羽石修二(笠間焼伝統工芸士会副会長)、長谷川徳七(公益財団法人日動美術財団笠間日動美術館長)、中原常雄(NHK水戸放送局長)、山口伸樹(笠間市長)、今泉寛(同市教育長)、小田部卓(茨城新聞社長)

【審査発表】
6月27日予定。茨城新聞紙上かホームページ(http://ibarakinews.jp/)、または笠間市ホームページ(http://www.city.kasama.lg.jp/)

【問い合わせ】
茨城新聞社地域連携室内、全国こども陶芸展inかさま事務局(電)029(239)3005
※は茨城新聞ホームページからもダウンロードできる

全国こども陶芸展inかさまト・WEB応募はこちら




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN