境の民家 一家襲われ夫婦死亡 長男重傷、次女けが 殺人事件で捜査本部を設置:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2019年9月23日(月)
境の民家 一家襲われ夫婦死亡 長男重傷、次女けが 殺人事件で捜査本部を設置




23日午前0時38分ごろ、境町若林、会社員、小林光則さん(48)方から、成人女性の声で「助けて」と110番通報があった。警察官や消防隊員が駆け付けると、住宅内で小林さんと妻でパート従業員の美和さん(50)の2人が血を流して倒れており、その場で死亡が確認された。夫婦は首などを切られていた。中学1年の長男(13)と小学6年の次女(11)の子ども2人も重軽傷を負い、町内の病院に搬送された。2人の命に別条はない。県警は殺人事件と断定し、境署に捜査本部を設置。外部から侵入した何者かに、一家が刃物などで襲われたとみて捜査している。

県警によると、通報は固定電話の子機からで、美和さんがかけたとみられる。「助けて」と話すなど切迫した様子だったことから、襲われている最中だった可能性もあるという。

夫婦は首や顔など数カ所に刺し傷や切り傷があり、小林さんはあおむけ、美和さんは横になった状態で同じ寝室に倒れていた。長男は腕や両足を切り付けられ、重傷を負った。捜査関係者によると、次女は「スプレーのようなものをかけられ両手がヒリヒリする」と救急隊員に痛みを訴えた。

きょうだい2人は2階の子ども部屋にいて、4人はいずれも就寝中に襲われたとみられる。一家は5人暮らしで、1階の自室で寝ていた大学3年の長女(21)にけがはない。

住宅は数カ所が無施錠だった。県警は何者かが侵入し凶行に及んだとみて、物色の形跡の有無や侵入、逃走経路の確認を進めるとともに、子どもたちから話を聞くなど、詳しい状況を調べている。24日に司法解剖し、夫婦の死因を調べる。

現場は千葉県境の利根川から北東へ約1キロ。小林さん方は森に囲まれている。森周辺はヘラブナの管理釣り場が近接し、田園や住宅地も広がる。




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN