J1鹿島、首位浮上 C大阪に1-0:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2019年10月7日(月)
J1鹿島、首位浮上 C大阪に1-0

明治安田J1第28節最終日(6日・ヤンマースタジアム長居ほか=3試合)鹿島はC大阪を1-0で下し、今季初めて首位に浮上した。通算成績は16勝7分け5敗、勝ち点55で、2位FC東京と勝ち点差は2。公式戦の不敗を13に伸ばした。

鹿島は前半6分、左CKを町田が頭で折り返し、犬飼がヘディングシュートを決めて先制した。後半は防戦一方だったが、ゴール前で守備陣が踏ん張り、失点を許さなかった。

■鹿島・大岩監督 無失点は評価

ボールを支配される時間が長かったが、センターバックを中心に相手の良さを消すことができていた。0(失点)で終えることができたことは評価している。

■鹿島・伊東

(前半13分のピンチ後)同サイドの選手と話してマークやポジションを確認し、徹底してからは大きく崩されることがなかった。

■鹿島・町田

相手がどう(攻めて)来たら自分たちがどう行くのかが、前半通じて徐々にできていった。

■鹿島・犬飼

(決勝点は)町田がしっかりと競り勝ってくれたので、いい所に入れた。守備では助け合えていた。

▽ヤンマー(観衆23,001人)
C大阪 14勝10敗4分け(46) 0-1 鹿島 16勝5敗7分け(55)
0-1
0-0

▽得点経過 C 鹿
前6分【鹿】 0-1犬飼




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN