《ルヴァン杯》準決勝第1戦 鹿島、敵地で黒星 川崎に1-3:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2019年10月10日(木)
《ルヴァン杯》準決勝第1戦 鹿島、敵地で黒星 川崎に1-3

YBCルヴァン・カップ準決勝第1戦(9日・等々力陸上競技場ほか=2試合)鹿島は川崎に1-3で敗れ、公式戦の無敗記録は13試合で止まった。

鹿島は前半10分、レアンドロの低いクロスを遠いサイドの白崎が押し込んで先制。押し込まれる時間が続いた同27分にはクロスのこぼれ球を決められて同点となった。後半は37分に相手CKで勝ち越しを許し、40分に3失点目を喫した。

決勝進出を懸けた第2戦は13日、本拠地カシマスタジアムで行う。

■鹿島・大岩監督
ボールを奪った後に空いているスペースを狙おうとしたが、ファーストプレーがうまくいかずに押し込まれた。前半の前半はいい形でやれていたので、それを続けるイメージを持ちたい。

■鹿島・内田
(守備時に細かい動きで)脚が出てくるようになったことは、一つ収穫になった。

▽等々力(観衆18,412人)
川崎 3-1 鹿島
1-1
2-0

▽得点経過 川 鹿
前10分【鹿】 0-1 白崎
前27分【川】 1-1 守田
後37分【川】 2-1 脇坂
後40分【川】 3-1 阿部




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN