鹿島、Vへ勢いを J1、1日にホーム浦和戦 故障者復帰、攻撃の活性化狙う:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2019年11月1日(金)
鹿島、Vへ勢いを J1、1日にホーム浦和戦 故障者復帰、攻撃の活性化狙う


【写真説明】
浦和戦に向けて調整する伊藤(左)と三竿ら=クラブハウスグラウンド



明治安田J1第30節第1日は1日、首位の鹿島がカシマスタジアムで9位浦和と対戦する。キックオフは午後7時。通算成績は16勝8分け5敗、勝ち点56。

23日の天皇杯ホンダFC戦以降、故障離脱者が続々と復帰。紅白戦は三竿、伊藤、レオシルバ、ブエノ、セルジーニョらが参加し、質の高いプレーを見せた。三竿は「けがをしていたメンバーは、ピッチの外から見たチームに足りないものを感じた。練習からみんな(改善点を)気付けてやれている」とうなずく。

紅白戦は三竿とレオシルバで組む守備的MFが攻撃の起点となり、浦和の3バックを想定した相手守備の弱みを突いた。前線の動きを生かすパス回しもあり、伊藤は「最近は相手どうこうより、自分たち(の動き)が停滞していた。けがから帰ってきた選手は離脱しないようにしつつ、フレッシュさを出せればいい」と攻撃の活性化を狙う。

引き分けた18日の松本戦、1-0のホンダFC戦は不満の残る試合内容だった。だがリーグで首位を維持し、天皇杯で勝ち進んだことは事実。白崎は「(2試合を)ぎりぎりでつなげたことはこれからにつながる。反省点の残る試合があったからこそリーグ残り5試合に生かせたと思えるようにしたい」と言う。

浦和戦は満身創痍(そうい)の状態で戦った経験を無駄にせず、戦列復帰したメンバーの力を示したい。 (岡田恭平)




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN