《スポーツ担当記者 熱戦余聞》日常が戻ることを願う:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2020年3月24日(火)
《スポーツ担当記者 熱戦余聞》日常が戻ることを願う

J1鹿島のクラブハウスグラウンドは競技規則で定められた一般的な白線に加えて、線や点線が計8本引かれている。ザーゴ新監督が練習のために要望したもので、これらグラウン…
有料サイトで読む >>>

有料サイトで読む(振込課金版) >>>

※全文を読むためには有料サイト「モバイル茨城新聞」への登録が必要となります。


サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN