新春文芸の作品募集 締め切り11月30日必着 短歌、俳句、詩:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2020年10月25日(日)
新春文芸の作品募集 締め切り11月30日必着 短歌、俳句、詩

茨城新聞社は、2021年1月に例年と同じように「新春文芸」を予定しています。短歌、俳句、詩の3部門で、「茨城文芸」選者の6人(短歌は沖ななも、中根誠、俳句は嶋田麻紀、今瀬剛一、詩は武子和幸、橋浦洋志の各氏)が選に当たります。各選者の1〜3席作品には賞状と記念品を用意します。通常時の文芸と判別するために「新春文芸」を明記して、奮ってご応募ください。

応募要領は次の通り。
【部門】
▽短歌(新年雑詠)▽俳句(同)▽詩(テーマ自由)

【応募方法】
短歌・俳句は、はがきに3首・句まで。詩は400字詰め原稿用紙に20行以内の1編。短歌と俳句は、はがき表に、詩は原稿用紙の末尾に、住所、氏名、年齢(学生は学校・学年も)、電話番号を書いて、〒310-8686 茨城新聞社編集局「新春文芸」係へ。希望選者がある場合は宛名面に赤で明記を。応募締め切りは11月30日必着。




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN