那珂核融合研究所敷地内で火災 空き地の草、燃え広がる:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2020年10月30日(金)
那珂核融合研究所敷地内で火災 空き地の草、燃え広がる


【写真説明】
那珂核融合研究所=那珂市向山



30日午後2時25分ごろ、那珂市向山の量子科学技術研究開発機構(量研機構)那珂核融合研究所の空き地で、敷地内の除草後に集めてあった草から出火した。那珂市消防本部によると、同日午後10時現在、鎮火はしていないが、消火活動により延焼の可能性はない。草は50メートル四方の範囲に、高い所で10メートルほど積み上がっていた。

県や量研機構によると、現場は非管理区域で、放射性物質による周辺への影響はない。請負作業員10人が草刈り後の草を集めた際、作業員が出火を確認し、119番通報した。同消防本部の消防車4台などが出動、現場に通じる道が狭いため、消防車からホースを延長し放水している。草置き場の西側から南側にかけては実験施設が集中しており、最も近い建物までの距離は約150メートルある。




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN