お問合わせ  |  購読の申込み  |  茨城新聞取扱店一覧  |  支社局一覧  |  採用情報  |  企業情報
 
今日の天気  | 今日のスポーツ  | モダン運勢  | お買い物  | 軽量版トップ



日本がみえる47NEWS

47行政ジャーナル

茨城新聞データベース
総合案内
無料体験版
有料会員専用入口

コラム・論説
いばらき春秋
論説
記者手帳
デスク日誌
吐玉泉


いばキラTVに
動画配信しています
いばキラTV

県内選挙

茨城新聞日曜版 テイスト

スポーツ写真館

高校野球

読者参加
紙上フォトコンテスト
えんじょいスポーツ
県民の声
茨城川柳
同窓の友
マイスナップ
私の作品
アトリエ
ティータイム
茨城文芸

サービスのご案内
記念日新聞印刷サービス
写真販売サービス

のび伸び牛乳杯 ミルクカップ 第34回茨城県ちびっ子野球選手権大会

全国こども陶芸展inかさま

第38回「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール

小学生読書感想文コンクール

第39回 茨城県ミニバスケットボール選手権大会









2013年5月2日(木)
水戸の中3女子・加藤さん 口笛国際大会ティーン部門女子総合V
ネット参考独学7カ月「今後も練習続ける」

【写真説明】口笛の国際大会ティーン部門女子で総合優勝した加藤万里奈さん

世界10カ国から演奏者が集まった口笛の国際大会で、水戸市本町の茨城大付属中3年、加藤万里奈さん(14)が、ティーン部門女子で総合優勝した。米国で開かれ、40回目を迎えた伝統ある大会。見よう見まねで口笛を始めてわずか7カ月だが、国際級の演奏者たちにも引けをとらない演奏で栄冠を獲得した。加藤さんは「個性ある演奏を目の当たりにして口笛への思いも変わった。もっとうまくなるよう今後も続けたい」とし、口笛の素晴らしさを多くの人に伝えたいと意気込んでいる。

大会は4月17〜21日、米ノースカロライナ州のルイス大学で開かれた。成人、ティーン(13〜19歳)、ジュニア(12歳以下)の各部門があり、加藤さんは事前のテープ審査をパスし、ティーン部門に出場した。

大会公認のホームページなどによると、日本からは成人とティーン両部門に12人が出場。参加国は10カ国に上ったという。

加藤さんは同19日、楽器演奏と口笛を絡めるアライブアートという演奏形式で、プッチーニの歌劇「オー・ミオ・バンビーノ」を口笛と歌で披露。さらに20日は、クラシックでヨハン・シュトラウスの「チャルダッシュ」、ポピュラーで「マイ・フェア・レディ」の2曲に挑んだ。

審査の結果、アライブアートとクラシックで1位、ポピュラーで3位、そして総合で1位の栄冠に輝き、各メダルと総合優勝のトロフィーを贈られた。

加藤さんが口笛演奏を始めたのは昨年9月。テレビで見掛けた口笛奏者のまねをしたところ、友人たちに好評だった。テクニックを紹介するインターネット動画などを参考に独学で練習を重ねた。

国際大会優勝者の動画を見ているうちに、自分の実力を試したくなって大会出場を決意したという。

わずか7カ月での経験しかないが、審査員らから「大会に出場するには数年かかるのが一般的なのに、加藤さんの上達ぶりは目を見張る」と驚かれた。

加藤さんは「口笛の奥深さを実感した。テクニックの上手な人もいたけど、表現力に個性が現れる。楽器を使わず自分の体から出る音の素晴らしさを再確認した」と、口笛に対する認識を新たにした。

同大会は主に米国内で開催されているが、2008年は牛久市、10年には中国・青島で開かれている。


関連記事

by weblio










茨城グルメセレクション

グルメ
グルメセレクション
四季彩クッキング


茨城新聞「出前授業」

NIE

新聞には気づく、感じる、考えるがいっぱい。

聞いてください!新聞と消費税のはなし

広告のご案内
ホームページバナー広告
新聞広告について
折込みチラシについて

新聞関連リンク
日本新聞協会
日本ABC協会
日本新聞博物館
茨城新聞文化福祉事業団
茨城会(茨城新聞販売店会)
茨城書道美術振興会

お問合わせ | 個人情報保護方針 | 著作・リンク
 © THE IBARAKI SHIMBUN Co.,Ltd. All Rights Reserved.