2014年3月30日(日)

セカンドリーグ茨城 1周年を祝い水戸でシンポ

活動報告などが行われたセカンドリーグ設立1周年記念式典=水戸市大工町のトモスみと
活動報告などが行われたセカンドリーグ設立1周年記念式典=水戸市大工町のトモスみと

地域づくり活動の支援へ向け、生活協同組合パルシステム茨城(小泉智恵子理事長)が昨年4月設立したコミュニティー組織「セカンドリーグ茨城」の1周年を記念するシンポジウムが29日、水戸市大工町のトモスみとで開かれ、参加者約70人が「心豊かな地域社会づくり」について考えた。

基調講演では、茨城NPOセンター・コモンズ事務局長の横田能洋さんが、コモンズなどの取り組みを紹介。セカンドリーグ茨城に期待される役割について「茨城の課題や資源を拾い上げ、コーディネートすることが人材育成につながる」と述べた。

活動報告では、筑西市で地域コミュニティーの「たまり場・たろう」を運営する小松崎登美子さんが、県内に広がる「たまり場」ネットワークについて、「無限の可能性を秘めた空間になっている」と説明した。

セカンドリーグ茨城は、地域づくりに関わる活動と事業に取り組む個人・団体の支援を目的に設立。本年度は人材育成に向け、各種講座や実践起業塾などを開講した。



次の記事:土浦市初の女性市長 現職の5選を阻む

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 12 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス