2014年11月12日(水)

「健口者」2人に認定証 水戸市役所で授与式

「生涯健口達成者」に認定された飯泉仁さん(左から2人目)と小森壽子さん(同3人目)=水戸市役所
「生涯健口達成者」に認定された飯泉仁さん(左から2人目)と小森壽子さん(同3人目)=水戸市役所

水戸市は、本年度スタートした「歯科保健計画」に基づき、80歳以上で20本以上の歯を有し、かめる状態を維持している人を「生涯健口(けんこう)達成者」として県内で初めて認定し、11日、第1号となる2人に認定証を授与した。

同市は生涯健口で過ごすことを目標とした歯科保健計画を策定。その一環として、年度内に40、50、60、70、80歳になる市民を対象に歯周病検診を行う。6月から9月の検診で80歳4人が20本以上を達成した。

市役所臨時庁舎で行われた認定証授与式には、4人のうち、同市南町の小森壽子さん(80)、同市千波町の飯泉仁さん(79)の2人が出席。高橋靖市長から認定証が手渡された。

30本の歯がある小森さんは「認定を受けてこれからも一生懸命歯磨きをしようと思った」、28本の飯泉さんは「歯に限らず、体も健康でいたい。決まった時間に食事をし、食べ過ぎないことを心掛けたい」と話した。

(鈴木愛美)



次の記事:18人感染 つくばの病院クラスター拡大 70〜90代の4人死亡

最近の記事

全国・世界のニュース

2021 年
 3 月 4 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス