2015年5月20日(水)

ゆるキャラ「エコ通勤」 つくば市、バスや電車でPR

ICカード乗車券を使って改札口を通るフックン船長=つくば市吾妻のつくばエクスプレスつくば駅
ICカード乗車券を使って改札口を通るフックン船長=つくば市吾妻のつくばエクスプレスつくば駅

地球環境に優しい交通手段について考えてもらおうと、つくば市のゆるキャラ「フックン船長」が19日、エコ通勤のPR活動を行った。

実際に路線バスと電車を乗り継ぎ、市役所に通勤するストーリー。駅改札口でICカード乗車券を使う奇妙な光景に、居合わせたサラリーマンらもきょとんとした表情を浮かべていた。

つくば市が18〜29日に実施しているエコ通勤ウイークにちなんだ。通勤の様子は短文投稿サイト「ツイッター」で情報発信し、同行した市職員もちらしを配って、マイカーを使わないエコ通勤を呼び掛けた。

この日、フックン船長は同市千現の筑波宇宙センター前からバスに乗り、つくば駅で下車。その後、つくばエクスプレスで研究学園駅に移動し、市役所に向かった。

環境モデル都市に指定された同市は二酸化炭素削減を目指し、2009年度からエコ通勤ウイークを実施。市民や市内の事業者に協力を呼び掛けている。

ガソリン代節約のため、片道3キロを自転車通勤しているという同市の会社員、野間康隆さん(33)は「つくば市にもこんなゆるキャラがいたんですね」と話していた。 (今橋憲正)



次の記事:駅猫「おさむ」天国へ ひたちなか海浜鉄道

全国・世界のニュース

2019 年
 6 月 26 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス