2016年1月17日(日)

サクソホン奏者・塙美里さん 仏の師匠が来日、共演

水戸は3月19日 国内で3公演

「水戸芸術館は4年ぶり。生活環境が変わり音色も変化した。サクソホンの魅力を感じてほしい」と語る塙美里さん。右は大西智さん=茨城新聞社
「水戸芸術館は4年ぶり。生活環境が変わり音色も変化した。サクソホンの魅力を感じてほしい」と語る塙美里さん。右は大西智さん=茨城新聞社

常陸太田市出身のサクソホン奏者、塙美里さんが3月14日から横浜を皮切りに全国3カ所で公演する。今回はフランス留学時代の師匠ジュリアン・プティ氏(36)が初来日し共演する。県内では3月19日に水戸芸術館で4年ぶりの公演を開く。プログラムでは、原曲の楽器とは異なるサックス中心の編成を組んでおり、普通のリサイタルとはひと味違った内容になりそうだ。


塙さんは太田一高を経て洗足学園音楽大卒。2007年に渡仏し12年に帰国するまで数々の国際コンクールで優勝。14年にはCDデビューを果たし抜群のセンスで音楽界に新風を吹き込んだ。昨年10月には念願の地元公演も行い、今月放送されたNHK-FMのクラシック音楽番組にも出演した。

公演には、プティ氏とサクソホンの大西智さん(30)、ピアノは酒井有彩(ありさ)さんが出演。塙さんの音楽性を共有できる仲間が集結する。プログラムはサンサーンスやアレンスキーなどを予定。バイオリンやチェロ中心の曲をサクソホンにアレンジした、技巧的で難易度が高い編曲に注目が集まりそうだ。

プティ氏はフランスを代表する若手実力派。数々の国際コンクール入賞歴を誇り、サクソホンの限界を超えた演奏は衝撃的と評される。塙さんと大西さんはフランス留学時代、プティ氏の薫陶を受け、塙さんは「とても生徒思いだった。帰国間際までとことん教えてもらった」と語る。

フランスでは昨年、連続テロが発生した。事件現場は思い出がある所ばかり。塙さんは平和への思いを募らせつつ「フランスは音がよく響くので空気も楽器の一つ。さらにサクソホンの魅力や可能性を感じてもらえたら」と今ツアーへの意気込みを語る。

全国ツアーは横浜、水戸、京都で全3公演。水戸は3月19日、水戸芸術館コンサートホールATMで16時開演。チケットは一般3000円、学生2000円(当日500円増)。予約センター(電)029(231)8000、かわまた楽器店(電)029(226)0351


(佐藤吉記)

ジュリアン・プティ氏は、日本での演奏を楽しみにしているという
ジュリアン・プティ氏は、日本での演奏を楽しみにしているという

2016 年
 8 月 24 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス