2016年1月24日(日)

鹿島宮崎キャンプ 田中、ドリブルで好機演出

宮崎産業経営大との練習試合でヘディングシュートを放つ鹿島・高崎=宮崎市
宮崎産業経営大との練習試合でヘディングシュートを放つ鹿島・高崎=宮崎市

J1鹿島の宮崎キャンプは23日、KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場で行った。午後から宮崎産業経営大学と今季初の練習試合に臨み、平戸と中村がゴールを決め2ー0で勝った。石井監督は昨季の主力組を分散させて起用し、新加入や控え組の状態の見極めに余念がなかった。

練習試合は30分3本で実施。1本目に起用された高崎は「最初の試合にしては動けた」と、188センチの長身を生かして何度もゴールに迫り、好調さをうかがわせた。

午前練習で左サイドバックの山本が腰を痛め出場を回避。2本目までは田中、3本目は平戸と、2人の新人が試された。田中はドリブル突破で好機を演出。平戸は戦況を読みながら前線に上がり、シュートのこぼれ球に詰めて先制点を挙げた。平戸は「出来はよかった」と手応えを口にした。

新人たちに負けじと、主力組も奮闘。3本目から出場した小笠原が攻撃を活性化させると、中村が右クロスを足で合わせ2点目を決めた。中村は「得点だけが全てではない。ゲーム感はまだまだ」と表情を引き締めた。 (藤崎徹)

2016 年
 12 月 11 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス