2016年9月17日(土)

ユースエール認定証 武井工業所に交付

茨城労働局 

西井裕樹茨城労働局長(右)からユースエールの認定書を受け取る武井厚社長=石岡市若松
西井裕樹茨城労働局長(右)からユースエールの認定書を受け取る武井厚社長=石岡市若松

茨城労働局(西井裕樹局長)は16日、若者の雇用促進や育成の取り組みが優れているとして「ユースエール企業」に認定したコンクリート製品製造の武井工業所(石岡市若松、武井厚社長)に対し、認定証を交付した。本県で初めて。

ユースエールは昨年10月施行の若者雇用促進法に基づく認定制度。35歳未満の若者の採用や育成に積極的で、若者の雇用管理が優良な中小企業を認定する。

同社は過去3カ年度で30人を採用し、離職ゼロ。女性社員の育児休暇取得率は100%。昨年度の正社員の所定外労働時間は月16・9時間で、同制度の基準を満たした。武井社長は「ここ数年で入社した若い人たちには、20、30年後に会社の柱に成長してほしい」と期待を寄せた。

西井局長は「若者の積極雇用は地元定着や人手不足解消につながる」と評価した。 (大平賢二)

全国・世界のニュース

2017 年
 6 月 29 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス