2017年1月10日(火)

1年の招福祈願 水戸八幡宮はねつき神事

水戸の梅大使と新成人による羽根突き奉納
水戸の梅大使と新成人による羽根突き奉納

今年1年の除災招福を祈願する新春恒例の「はねつき・破魔弓神事」が9日、水戸市八幡町の水戸八幡宮(田所清孝宮司)で開かれた。参拝者らが見守る中、稲の豊凶を占う羽根突きや天下太平を祈り的を射抜く古式礼射などが行われた。同宮、水戸人形組合主催、茨城新聞社後援。

宮司が邪気払いの矢を放った後、かすみがうら市在住の日本画家、飛澤龍神さん揮毫(きごう)の大羽子板を新成人が奉納した。女性神職や巫女(みこ)による羽根突きで稲の豊凶を占い、「大体平年並みだが特に早稲がよい」と出た。

羽根突き奉納では、振り袖姿の「水戸の梅大使」や新成人らが懸命に羽根を突く姿に、見物客が笑顔を見せていた。関口流抜刀術や、本県に伝わる古武道で為我流(いがりゅう)和術(じゅうじゅつ)の奉納は迫真の演武。市弓道連盟有志による古式礼射では、演武者の放った矢が的を射抜くと大きな歓声が上がった。参加した新成人の新堀千佳さん(20)は「今までは人に与えられてばかりの人生。今後は与えられる人になりたい」と抱負を述べた。

本紙文芸欄で公募した「はねつき俳句」の表彰では、受賞者らに賞状と記念品が贈られた。最優秀賞の後藤重浩さん(56)は「感謝と身の引き締まる思いの両方がある」と謙虚に話した。

(大貫璃未)

境内では水戸市弓道連盟有志による古式礼射が行われた=水戸市八幡町の水戸八幡宮、嘉成隆行撮影
境内では水戸市弓道連盟有志による古式礼射が行われた=水戸市八幡町の水戸八幡宮、嘉成隆行撮影

最近の記事

全国・世界のニュース

2017 年
 2 月 26 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス