2017年1月10日(火)

石岡・やさと温泉ゆりの郷 入館者数300万人達成

入館300万人目となった久保田さん家族(中央)に花束と記念品が贈られた=石岡市小幡
入館300万人目となった久保田さん家族(中央)に花束と記念品が贈られた=石岡市小幡

石岡市小幡の「やさと温泉ゆりの郷」の入館者が7日、300万人を突破し、節目の入館者を祝う記念品贈呈式が正面ホールで行われた。

300万人目となったのは、千葉県印西市から訪れた久保田章秀さん(39)。妻の和代さん(38)、長女の紗衣(さえ)さん(8)、長男の智稀君(6)と家族4人で、筑波山に登った後、訪れた。

式で久保田さん家族は、今泉文彦市長から花束を、同館を管理運営するJAやさとの川井貞夫組合長からイチゴや玄米、土日回数券が記念品として手渡された。久保田さんは「(登山後の温泉は)正月明けの毎年恒例行事だが、きょうはびっくりした」と喜んだ。

同館は2000年7月オープン。同館では「東京五輪やスカイスポーツを楽しむ外国人に対するおもてなしも視野に、温泉のさらなる充実と地元食材を使った料理を提供していきたい」と話した。

(高畠和弘)

全国・世界のニュース

2017 年
 9 月 23 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス