2017年1月11日(水)

茨城のオリジナル品種のイチゴ 県庁でPR

「特選いばらキッス」の品質をアピール

橋本昌知事に「いばらキッス」をPRするいばらキッスブランド研究会の浜野博士代表(左から3人目)ら=県庁
橋本昌知事に「いばらキッス」をPRするいばらキッスブランド研究会の浜野博士代表(左から3人目)ら=県庁

県オリジナル品種のイチゴ「いばらキッス」をPRしようと、生産者で組織するいばらキッスブランド研究会(浜野博士代表)がきのう、県庁の橋本昌知事を訪ね、大粒で形の良い「特選いばらキッス」の品質をアピールした。

2012年に品種登録された。甘さと酸味のバランスが良く、ジューシーな食感が特徴とされる。研究会には生産者5人が所属し、総面積85アールで栽培する。30グラム以上の大粒の果実を特選いばらキッスとして、昨年から都内の百貨店などに出荷している。

試食した橋本知事は「栽培面積がもっと増えるよう頑張ってほしい」と激励。浜野代表は「好評価を得てリピーターが増えている。多くの人に食べてほしい」とアピール。

全国・世界のニュース

2017 年
 8 月 24 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス