2017年1月11日(水)

鹿島 若手ら軽快に始動 10選手、活躍へ意欲

ランニングで汗を流す鹿島の選手たち=クラブハウスグラウンド
ランニングで汗を流す鹿島の選手たち=クラブハウスグラウンド

J1鹿島の若手と新加入の計10選手が10日、チームの本格始動を前にクラブハウスで今季初練習を行った。ランニングで体をほぐした後、ミニゲームなどボールを使った練習で約1時間半、汗を流し、鹿島の新たなシーズンに向けて軽快な動きを見せた。

参加したのは、GKの川俣と小泉。フィールドプレーヤーは伊東、久保田、町田、田中に加え、J2山形からの復帰が見込まれる梅鉢、新加入の金森、三竿雄、安部の計10選手。

昨季の鹿島はリーグ優勝と天皇杯の2冠を獲得するなど、躍進の1年となった。

一方で公式戦出場が1試合にとどまった3年目の久保田は「もっと試合に絡みたかった」と悔しさを口にする。同年齢の鈴木や三竿健の活躍も刺激になったようで「自分ももっとやらないといけない。しっかり体をつくり、がつがつやっていく」と精力的に体を動かした。

昨季J2山形に期限付き移籍したものの、目立った活躍ができなかった梅鉢は「鹿島で活躍するのは難しいのは分かっているが、やるべきことをやりたい」と静かに闘志を燃やした。

1年半不在だったフィジカルコーチに、クラブ創立から2001年まで在籍した里内猛氏が今季復帰、10日の基礎練習を仕切った。選手のサポート体制も整う中、主力選手が加わる全体練習は17日に始まる。(藤崎徹)

2017 年
 1 月 19 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス