2017年2月27日(月)

水戸の健闘たたえる J2開幕、サポーター声援

試合後、水戸ホーリーホックの選手たちを激励するサポーター=ケーズデンキスタジアム水戸
試合後、水戸ホーリーホックの選手たちを激励するサポーター=ケーズデンキスタジアム水戸

サッカーのJリーグ2部(J2)は26日、前日のJ1に続き、開幕した。水戸ホーリーホックのホーム、水戸市小吹町のケーズデンキスタジアム水戸には8636人の観戦客が集まり、熱気に包まれた。水戸は湘南ベルマーレに0-1で惜敗したが、サポーターは水戸の健闘をたたえた。

会場ではさまざまな開幕イベントが行われた。水戸の公式応援歌を担当する歌手・宇宙まおさんのライブでは、宇宙さんの呼び掛けで、水戸、湘南の両サポーターが「ホーリーホック」「ベルマーレ」とエールを交換。大洗町を舞台にした人気アニメ「ガールズ&パンツァー」と水戸のコラボレーションイラストもお披露目され、スタジアムの壁に縦7メートル、横10メートルの大きな旗が掲げられた。大洗町を訪れたことがある湘南サポーターの渡辺泰仁さん(49)は「(コラボは)うらやましい」と苦笑した。

県内在住・在学の学生には開幕戦からホーム5試合を無料観戦できる特典があり、水城高3年の渡辺尚哉さん(18)は「(無料は)ありがたい。受験が一段落し、気晴らしに来た。複数得点で勝って」。日立市の看護師、田端奈美江さん(34)は息子の晟奈君(2)に水戸のTシャツを着せ、「1歳になる前からスタジアムに通っている。いつも楽しそうに試合を見ている」と目を細めた。

試合は後半中盤まで互角の展開。水戸三高3年の秋葉まゆさん(18)は「前半は押されたが、後半押し返した」とたたえ、第2節のホーム戦も「応援に来る」と力を込めた。  
(矢幡佳那子、写真は岡田恭平)

全国・世界のニュース

2017 年
 5 月 27 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス