2017年4月9日(日)

筑波山形のコロッケ 推進協、ジオパークPR

つくば 2色の中身、岩石を表現

筑波山地域ジオコロッケ大賞を受賞した市川洋子さんと大賞のジオコロッケ=つくば市役所
筑波山地域ジオコロッケ大賞を受賞した市川洋子さんと大賞のジオコロッケ=つくば市役所

昨年9月に日本ジオパークに登録された筑波山地域ジオパークを食の力で盛り上げようと、同推進協議会(会長・五十嵐立青つくば市長)は筑波山の形をしたコロッケ「筑波山地域ジオコロッケ」を発表した。イベントなどで販売したい意向で、価格や商品化の時期は未定。同推進協では「今年5月開催のつくばフェスティバルで発売できれば」と話している。


同コロッケは中身が2色になっているのが特徴。筑波山を形成する2種類の岩石、斑れい岩と花こう岩を食材と色あいで表現している。中身の上半分は、山頂付近に分布している黒い斑れい岩をイメージした黒米、豚肉、シイタケなどを使った。下半分は、中腹から山麓部にかけて分布している白い花こう岩をイメージし、鶏肉やジャガイモなどを使った。味付けは上半分が和風だしとしょうゆ、下半分が洋風だしと塩こしょうにした。

同コロッケは昨年10〜12月に同協議会がアイデアを募集し、応募41件の中から同市手代木在住の団体職員、市川洋子さん(54)のアイデアを大賞として採用した。推進協では「身近な食べ物で、少しでもジオパークを知ってもらえたら」と普及に期待する。大賞受賞の市川さんは「筑波山地域のB級グルメとして、名物になってくれれば」と話している。 (高阿田総司)

全国・世界のニュース

2017 年
 12 月 17 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス