2017年6月4日(日)

軽やかに美声披露 えのきどまゆみさん 三男ギターと共演

みと・まち・音楽会で熱唱する「G Winds」のえのきどまゆみさん(右)とギターの榎戸源彦さん=水戸市南町
みと・まち・音楽会で熱唱する「G Winds」のえのきどまゆみさん(右)とギターの榎戸源彦さん=水戸市南町

茨城新聞みと・まち・情報館は2日、水戸市南町2丁目の水戸証券ビル1階ロビーで第2回みと・まち・音楽会「G Windsコンサート」を開いた。桜川市を中心に音楽活動を行うえのきどまゆみ(本名榎戸真弓)さんが、三男で音楽家の榎戸源彦さんのギターと共演した。13曲を軽やかに披露、集まった約50人が高音の美声に聴き入った。

まゆみさんは水戸市生まれの元小学校教諭で33年勤めた。退職してから音楽活動を本格化し、2013年から「G Winds」の音楽ユニット名で活動している。

コンサートでは作詞作曲時のエピソードを紹介。桜川市のヤマザクラや初孫の誕生、幼なじみとの思い出、「真壁のひなまつり」などに触れた。自作のポップスやボサノバ調、民謡風の曲も歌った。

【写真説明】
みと・まち・音楽会で熱唱する「G Winds」のえのきどまゆみさん(右)とギターの榎戸源彦さん=水戸市南町


最近の記事

全国・世界のニュース

2017 年
 8 月 22 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス