2017年6月29日(木)

全国こども陶芸展inかさま 入選150点決まる

入賞作品を選ぶ審査員ら=笠間市下郷
入賞作品を選ぶ審査員ら=笠間市下郷

全国の小中学生が制作した独創的な陶芸作品を公募する「第17回全国こども陶芸展inかさま」(茨城新聞社、笠間市、同市教委主催)の審査会が28日、笠間市下郷の同市役所岩間支所で行われ、入選作品150点が決まった。

応募総数は学年別3部門合わせて1684点。各部門ごとに、文部科学大臣賞や県知事賞などの特別賞と優秀賞、選奨を県陶芸美術館長の金子賢治審査員長ら11人が選定した。各部門の文科大臣賞は、神栖市立息栖小3年の菊田帆乃佳(きくたほのか)さん、那覇市立泊小5年の井上凰(いのうえこう)さん、沖縄県糸満市立三和中3年の新里守礼(しんざとしゅれい)さんがそれぞれ受賞した。

金子審査員長は「今年は過去2番目に多い出品数を反映し、作品の質も一段と高まったように思う」と講評。入選と中学3年生の作品による展覧会は、7月28日から8月31日まで、笠間市笠間の同館で行われる。  (藤崎和則)


各部門の特別賞受賞者は次の通り。(敬称略、優秀賞・選奨は後日掲載)

◇A部門(小学1〜3年)
▽文部科学大臣賞 菊田帆乃佳(神栖市立息栖小3年)▽茨城県知事賞 児玉結子(栃木県益子町立益子西小3年)▽茨城県教育長賞 福野裕悠(笠間市立笠間小3年)▽茨城県陶芸美術館長賞 亀田彩音(栃木県益子町立益子西小2年▽茨城新聞社長賞 保立留奈(神栖市立軽野小3年)▽笠間市長賞 白井椛樹(兵庫県雲雀丘学園小3年)▽笠間市教育長賞 當銘由耀(沖縄県浦添市立仲西小1年)▽NHK水戸放送局長賞 宮崎啓汰(神栖市立深芝小1年)▽茨城県立笠間陶芸大学校学校長賞 小澤あゆ(笠間市立北川根小2年)▽茨城工芸会長賞 大田原遜葉(栃木県益子町立七井小3年)▽笠間焼協同組合理事長賞 吹野浩平(京都府長岡京市立第十小1年)▽笠間焼伝統工芸士会長賞 空地光(江戸川学園取手小2年)▽笠間日動美術館館長賞 岩元真彩(鹿児島県日置市立伊作田小2年)

◇B部門(小学4〜6年)
▽文部科学大臣賞 井上凰(那覇市立泊小5年)▽茨城県知事賞 福田唯真(つくば市立竹園学園竹園東小4年)▽茨城県教育長賞 奈良知花(江戸川学園取手小4年)▽茨城県陶芸美術館長賞 木島來夢(宇都宮市立岡本西小4年)▽茨城新聞社長賞 白井莉菜(兵庫県雲雀丘学園小6年)▽笠間市長賞 国谷光希(笠間市立友部小6年)▽笠間市教育長賞 角川心優(栃木県益子町立益子西小5年)▽NHK水戸放送局長賞 本村悠華(神栖市立軽野小5年)▽茨城県立笠間陶芸大学校学校長賞 池田立陽(笠間市立友部小6年)▽茨城工芸会長賞 木村虎ノ介(水戸市立双葉台小5年)▽笠間焼協同組合理事長賞 新里友唯(沖縄県糸満市立喜屋武小5年)▽笠間焼伝統工芸士会長賞 直井りりか(江戸川学園取手小5年)▽笠間日動美術館館長賞 小島大翔(笠間市立友部第二小5年)

◇C部門(中学生)
▽文部科学大臣賞 新里守礼(沖縄県糸満市立三和中3年)▽茨城県知事賞 滝村優斗(奈良県王寺町立王寺南中3年)▽茨城県教育長賞 米川倖聖(石岡市立八郷中1年)▽茨城県陶芸美術館長賞 佐藤友(東京都国立市立国立第二中2年)▽茨城新聞社長賞 石川清平(沖縄県興南学園興南中1年)▽笠間市長賞 谷中葵泉(笠間市立笠間中3年)▽笠間市教育長賞 久保美羽(同中2年)▽NHK水戸放送局長賞 青木光里(栃木県益子町立益子中3年)▽茨城県立笠間陶芸大学校学校長賞 森愛里沙(横浜市立南瀬谷中2年)▽茨城工芸会長賞 小薬岳(栃木県益子町立益子中2年)▽笠間焼協同組合理事長賞 市之瀬梨子(鹿児島県南九州市立川辺中1年)▽笠間焼伝統工芸士会長賞 助川颯都(笠間市立友部第二中1年)▽笠間日動美術館館長賞 塚本荘馬(常総学院中3年)

全国・世界のニュース

2017 年
 7 月 24 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス