2017年7月15日(土)

J2 水戸、真っ向勝負で挑む 16日、アウェー町田戦

町田戦に向け調整する水戸の選手=ホーリーピッチ
町田戦に向け調整する水戸の選手=ホーリーピッチ

明治安田J2第23節は15、16日、各地で11試合を行う。6位水戸は16日、町田市立陸上競技場で15位町田と対戦する。キックオフは午後6時。通算成績は9勝8分け5敗、勝ち点35。

前節の熊本戦は2-2の引き分け。前半は3バックの相手に、最終ラインや守備的MFからの攻撃の組み立てに苦しんだ。橋本は「個人的なミスが多過ぎた。もっとパスを出せるところ、受けられるところがあった」と課題を口にした。

今節の町田戦は水戸とシステムが同じで目の前の相手選手と対峙(たいじ)する形になるだけに、真っ向からの力勝負となる。今週の練習で西ケ谷監督は、「縦の速さ」を強調した。夏場で体力の消耗が激しい中でも、積極的に2トップやサイドハーフが相手の裏へ動き出す「アクション」から、主導権を握ることを目指す。

町田は守備時にボールがあるサイドに人数を掛けてくる。湯沢は「逆サイドからボールを受けて起点になりたい。空いたスペースを狙っていきたい」と意気込む。互いに縦への推進力が持ち味で「食うか食われるかのサッカー」(西ケ谷監督)になる中、サイドチェンジを使って相手の弱点を突きたい。 (岡田恭平)

最近の記事

全国・世界のニュース

2017 年
 8 月 19 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス