2017年7月27日(木)

旅行気分「ビール乾杯」 大洗鹿島線で納涼列車

職場の同僚とビール列車を満喫する参加者
職場の同僚とビール列車を満喫する参加者

鹿島臨海鉄道(大洗町)は21日、大洗鹿島線の水戸-新鉾田駅間で、生ビールや料理が楽しめる「納涼ビール列車」を運行した。仕事帰りの会社員ら72人が参加し、列車に揺られながらほろ酔い気分で短時間の旅行気分を満喫した。

ビール列車は、東日本大震災からの復興を目的に企画し今年で7年目。キリンビール茨城支社や月の井酒造、時季の料理・朝日堂などが協力して実施した。

同僚15人と参加した宍戸武彦さん(43)は「普段はあまり乗る機会はないが、沿線の風景を眺めながらビールを飲めることが魅力」と笑顔で話し、仲間と共に生ビールで乾杯した。

同社旅客営業課の高岡早苗さんは「今なら(車窓から)みとちゃん田んぼアートも見える。田園風景など、ローカル線の良いところを見てほしい」と同線の利用を呼び掛けた。

全国・世界のニュース

2017 年
 12 月 18 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス