2017年7月28日(金)

野球楽しみ、重い扉開く 延長15回の死闘

全国高校野球茨城大会 土浦日大31年ぶりV

土浦日大-霞ケ浦 31年ぶり3度目の優勝を決め喜ぶ土浦日大ナイン=水戸市民球場、菊地克仁撮影
土浦日大-霞ケ浦 31年ぶり3度目の優勝を決め喜ぶ土浦日大ナイン=水戸市民球場、菊地克仁撮影

第99回全国高校野球選手権茨城大会最終日は27日、水戸市見川町の水戸市民球場で決勝を行い、延長十五回5時間に及ぶ熱戦の末、土浦日大が10-9で霞ケ浦を破り、31年ぶり3度目の夏の大会優勝を果たした。

19年ぶりに決勝に進んだ土浦日大は延長十五回表2死一塁の好機に、星野舜(3年)が左中間に決勝の適時打を放ち、接戦を制した。初回から得点を重ねられて追う展開となったが、終盤になって強力打線に火が付いた。

就任2年目で優勝に導いた小菅勲監督(50)は「勝った実感がない。信じられない気持ち」と興奮。同校の佐藤豊理事長(70)は「31年待っていた優勝。何とも言えずうれしい」と喜んだ。

全国大会は8月7日から15日間、兵庫県西宮市の甲子園球場で開かれる。組み合わせ抽選会は同4日に行われる。


5時間に及ぶ延長十五回の死闘を、土浦日大ナインは存分に楽しんだ。そして長く閉ざされていた甲子園への重い扉をこじ開けた。

ミスで失点しても、打って取り返せばいい。そのスタイルは決勝でも健在だった。3失策などのミスで最大5点のリードを許した。自慢の打線も霞ケ浦の注目右腕、遠藤淳志(3年)の前に六回まで4安打に封じ込まれた。だが、小瀬との1回戦の7点差の逆転劇が選手の自信になっていた。完全な劣勢だったが、ベンチに諦めムードはなく、代わりに笑顔があった。

打順が4巡目を迎えた七回、今大会打率3割6分3厘、長打30本を誇る打線が目覚めた。森本玲委也(同)、星野舜(同)の連打などで2点を返すと、八回にも5連打で2得点。九回にも3得点で一時リードを奪った。そして延長十五回、星野の適時打が決勝点となり、歓喜の瞬間を迎えた。

「好きな野球をやるのに、何で苦しむんだ」。小菅勲監督(50)が就任した昨春から、選手に問い掛け続けてきた言葉だ。冬休みに一日12時間以上練習するなど、大好きな野球に向き合った時間は「県内一」と自負するも、結果が出なかった秋、春の大会では野球を楽しめなかった。

しかし小瀬戦の逆転劇で確信したという。「やってきたことは間違っていなかった。練習の成果を出せれば勝てる」(三村航平主将)。自信を得て野球の楽しさを実感したナインは、ノーシードから一気に頂点まで駆け上がった。(藤谷俊介)

第99回全国高校野球選手権茨城大会 <決勝>
2017/07/27 水戸市民球場
開始時間(10:00) 終了
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
土浦日大 0 0 0 2 0 0 2 2 3 0 0 0 0 0 1 10
霞ケ浦 3 1 0 2 1 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 9
延長15回
【土浦日大】富田、宮下、本間、井上-小沢
【霞ケ浦】遠藤、斎藤、遠藤、斎藤、遠藤、斎藤、遠藤-鈴木和、鈴木春

▽本塁打 丸山
▽二塁打 関根、森本、星野2、木村
▽暴投 遠藤3
▽試合時間 5時間
▽審判 大橋、関、辻、諏佐

関連記事

全国・世界のニュース

2018 年
 4 月 24 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス