2017年8月7日(月)

22日演奏会 梅木秀徳さん招く

馬頭琴とホーミー披露

【AD】

茨城新聞みと・まち・情報館は22日午後6時から、水戸市南町2丁目の水戸証券ビル1階ロビーで、第3回みと・まち・音楽会「馬頭琴の世界」を開催する。水戸証券協力。

国内外で演奏活動をするホーミー馬頭琴の演奏家、梅木秀徳さんを招く。モンゴル民族の伝統弦楽器である馬頭琴の演奏と、喉歌ホーミーを披露する。演奏曲は、「ジョノン・ハル-モンゴルの駿馬」や「アルタイ山讃歌」などの代表曲や「荒城の月」など全10曲を予定するほか、水戸朗読の会代表の寺門幸子さんが、演奏に合わせて「スーホーの白い馬」を朗読する。

梅木さんは、モンゴル国最高といわれるホーミー指導者のバータル・オドスレン氏に師事。モンゴルホーミー協会からプロフェッショナルホーミー歌手の認定を受けている。西モンゴルで開催されたホーミーフェスティバルでは、日本人初の弾き語りを披露し、特別賞を受賞している。

入場無料。募集定員は50人。希望者は電話またはファクスで住所、氏名、連絡先を、茨城新聞みと・まち・情報館(電)029(306)9500(平日午前10時〜午後5時)、ファクス029(224)1123に申し込む。先着順に受け付け、定員に達し次第、締め切る。

全国・世界のニュース

2017 年
 8 月 19 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス