2017年8月11日(金)

こどもあんどん優しい光 日立で16日まで、金賞10点決まる

「日立あんどんまつり」のこどもあんどん絵画コンテストで作品を見つめる審査員=日立市宮田町
「日立あんどんまつり」のこどもあんどん絵画コンテストで作品を見つめる審査員=日立市宮田町

毎年恒例の「日立あんどんまつり」(同実行委員会主催)が16日まで、日立市宮田町5丁目の日立かみね公園で開かれている。60回目の今回は一般公募作品に加え、市内全小学校からの各学年2点程度を合わせ、子どもたちが夏をイメージして描いた計492点のあんどんを展示しいる。

あんどんは午後6時から同9時まで点灯。海からの涼しい風を受けながら、優しいあんどんの光の中をゆっくり散策することができる。

こどもあんどん絵画コンテストの対象となる一般公募には、市内の4歳から小学6年までの計211点の応募があり、審査の結果、金賞10点が決まった。

金賞受賞者は次の通り。(敬称略)


小島唯愛(宮田小4年)、斉藤庵(助川小1年)、小島旬之輔(宮田小1年)、井上紗(大久保小4年)、柳田亮(滑川小6年)、中崎帆香(水木小3年)、高橋裕来(ひばり幼稚園)、鬼沢紗希(せいじ園)、加古瑠莉那(豊浦幼稚園)、佐藤心優(宮田小4年)

全国・世界のニュース

2017 年
 12 月 17 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス