2017年9月8日(金)

茨城ダブルスアマゴルフ シニア、鈴木・石川組 女子、皆川・青木組 V

女子優勝の皆川智子・青木徳子組、シニア優勝の鈴木源治・石川博康組(左から)=静ヒルズCC
女子優勝の皆川智子・青木徳子組、シニア優勝の鈴木源治・石川博康組(左から)=静ヒルズCC

アマチュアゴルフの第13回茨城シニアダブルス選手権と第16回茨城女子ダブルス選手権(茨城新聞社主催)は7日、常陸大宮市小場の静ヒルズカントリークラブで行われ、シニアは鈴木源治・石川博康(常陸太田)組がプレーオフを制し、2年ぶり2度目の優勝。女子は皆川智子(日立)・青木徳子(つくばみらい)組が初優勝を飾った。

シニアは3アンダー69で首位に4組が並んでプレーオフとなり、鈴木・石川組が2ホール目でバーディーを奪って優勝を決めた。2位は上村努・久保田正光(石岡)組だった。

女子は皆川・青木組が3オーバー75で、2位に1打差をつけた。2位は横須賀恵子(ひたちなか)・飯室浩子(つくば)組。(岡田恭平)

全国・世界のニュース

2017 年
 9 月 24 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス