2017年9月10日(日)

踊りや演奏 軽快に 日立よかっぺまつり 家族連れでにぎわう

軽快な踊りを披露する子どもたち=日立市多賀町
軽快な踊りを披露する子どもたち=日立市多賀町

日立市多賀地区の市民手づくりイベント「よかっぺまつり」(同すすめる会主催)が9日、JR常陸多賀駅前の「よかっぺ通り」をメイン会場に開かれた。多彩な出演者が演奏や踊りなどを披露し、大勢の家族連れなどでにぎわった。

同まつりは毎年開かれ、今年が44回目。同駅西口から国道6号までのよかっぺ通りと周辺を九つのエリアに分けて実施された。

この日は晴天に恵まれ、特設ステージなどでさまざまなイベントが繰り広げられた。中央ステージでは子どもたちのダンスチームなどが軽快な踊りを次々に披露。多賀市民プラザステージでも市民バンドなどが演奏を繰り広げた。午後4時すぎからは、大槌会みこしがよかっぺ通りを勇壮に練り歩いた。

ひたちなか市西光地、公務員、植田成昭さん(43)は「日立市生まれなので毎年楽しみにしている」と笑顔を見せ、娘の優希ちゃん(6)は「タイルのお絵描きが面白かった」と話した。

茨城新聞日立支社は会場に「けんぽくミニ編集局」を開設。「記念日の新聞」発行やグッズ配布を行った。 


(川崎勉)

全国・世界のニュース

2017 年
 11 月 21 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス