2017年10月11日(水)

愛媛国体 バドミントン少年女子 本県選抜、初の頂点

成年男子六段障害飛越 馬術の増山2冠

【AD】

第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」第10、最終日は9、10日の両日、愛媛県などで行い、県勢は7競技に出場した。

バドミントン少年女子の本県選抜、ボート成年男子シングルスカルの中野紘志(県競技力向上対策本部)が優勝した。馬術成年男子六段障害飛越で増山大治郎(筑波スカイラインスティーブル)が1位タイに立ち、ダービーとの2冠を達成した。

ボクシング成年男子ライト級の金中竜児(八千代町役場)は準優勝。陸上成年少年男子共通400メートルリレーは本県選抜が4位入賞。ボート成年男子ダブルスカルの本県選抜(山本学人・野村大貴組)は4位に入った。

10日の最終日には総合閉会式が行われ、天皇杯(男女総合優勝)、皇后杯(女子総合優勝)ともに東京都が獲得した。本県は天皇杯23位、皇后杯21位。それぞれ昨年の22位、14位から順位を落とした。

全国・世界のニュース

2017 年
 10 月 17 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス