2017年11月14日(火)

いばらき大使に委嘱 畑岡選手「盛り上げたい」

いばらき大使に委嘱され大井川和彦知事と談笑する畑岡奈紗選手=13日午前、水戸市笠原町の県庁、菊地克仁撮影
いばらき大使に委嘱され大井川和彦知事と談笑する畑岡奈紗選手=13日午前、水戸市笠原町の県庁、菊地克仁撮影

ゴルフの日本女子オープン選手権で2連覇を果たした笠間市出身のプロゴルファー、畑岡奈紗選手(18)が13日、県庁を訪れ、いばらき大使に委嘱された。大井川和彦県知事から委嘱状を手渡された畑岡選手は「良いゴルフパフォーマンスで茨城を盛り上げたい」と抱負を語った。

畑岡選手は2016年の同大会を史上最年少の17歳で制覇しプロに転向。今秋の同大会でも優勝し、2連覇の快挙を成し遂げた。

米ツアーに挑戦する畑岡選手は「英語はまだまだ。これからもっと話せるようになりたい」とはにかみつつ、「海外の選手にも自然が豊かで良いところだと茨城を紹介したい」と述べた。大井川知事は委嘱状と名刺を手渡し、「他のプロの方にも茨城の良さを宣伝してください」と話した。

同大使は本県出身者やゆかりのある県外在住者に本県の魅力をPRしてもらうのを目的に県が1995年度に創設した。

全国・世界のニュース

2017 年
 11 月 24 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス