2017年11月14日(火)

全国料理選手権 準グランプリに菊池さん、益子さん(城里・常北中)ペア

「第6回ジュニア料理選手権」で準グランプリを受賞した菊池羽紘さんと益子優希さん(左から)=都内
「第6回ジュニア料理選手権」で準グランプリを受賞した菊池羽紘さんと益子優希さん(左から)=都内

全国の中高生を対象に創意工夫にあふれた料理作品を表彰する「第6回ジュニア料理選手権」(オレンジページなど主催)のグランプリ授賞式が12日、都内であり、ペア・団体部門で城里町立常北中1年ペアの菊池羽紘さん(13)と益子優希さん(13)が準グランプリに選ばれた。

2人の受賞レシピは「タイムスリップ!郷(ふるさと)の宝物〜鮎ご飯withお茶マヨアスパラ」。久慈川で捕ったアユと町のブランド米「ななかいの里コシヒカリ」であゆご飯を作り、その上に同町産ネギ「レッドポアロー」と赤みそを炒めたネギみそを添えた。

アスパラに付けるマヨネーズに本県三大銘茶の一つ「古内茶」をまぶし、香ばしさをアクセントに加えるなど、特産品をふんだんに使った点が評価された。

菊池さんは「100パーセントの出来だったので、受賞できてうれしい」と笑顔。益子さんは「これからもいろいろな料理作りに挑戦したい」と意気込んだ。

同選手権には、ペア・団体部門と個人部門に計4053件の応募があった。(高岡健作)

全国・世界のニュース

2017 年
 11 月 24 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス