2017年11月14日(火)

J2水戸、山形に完敗 ホーム最終戦

水戸-山形 後半ロスタイム、ヘディングシュートを放つ前田=ケーズデンキスタジアム水戸、根本樹郎撮影
水戸-山形 後半ロスタイム、ヘディングシュートを放つ前田=ケーズデンキスタジアム水戸、根本樹郎撮影

明治安田J2第41節最終日(12日・ケーズデンキスタジアム水戸ほか=4試合)ホーム最終戦の水戸は山形に0-1で敗れた。通算成績は14勝12分け15敗、勝ち点54で順位を13位に落とした。

水戸は立ち上がりから主導権を握られ、前半13分に左クロスから失点。その後も攻撃で見せ場をつくれなかった。シュートは3本に封じられ、終了間際に右クロスから前田が放ったヘディングシュートはわずかに枠を外れた。

■水戸・西ケ谷監督 何をやってきたのか
情けないゲームをして申し訳ない。笛が鳴った瞬間から鳴り終わるまで水戸らしいゲームができたのか、という部分はすごく残念。何をやってきたのかと感じてしまった。

■水戸・湯沢
少しのことで(流れを)変えるチャンスはいっぱいあった。それができず相手のペースのまま試合が終わった。

■水戸・今瀬
(次節は)今までやってきたこと、自分たちのサッカーを徹底してチーム一丸となって相手に向かっていきたい。

全国・世界のニュース

2017 年
 11 月 24 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス