2017年11月14日(火)

全国高校サッカー 県大会 水戸啓明、明秀日立 決勝へ

【AD】

サッカーの第96回全国高校選手権県大会第5日は12日、カシマスタジアムで準決勝2試合が行われ、水戸啓明は鹿島学園にPK戦で競り勝ち、明秀日立は2-0で鹿島を下した。水戸啓明は4年ぶり、明秀日立は3年連続の決勝進出。

水戸啓明は後半5分、MF田中のボレーシュートで同点に追い付くと、その後は鹿島学園の攻勢を抑え込んだ。PK戦はGK小沼の好セーブで4-2で制した。

明秀日立は前半6分にDF深見の先制点で試合の流れをつかみ、後半15分にDF高嶋が加点。今大会無失点の堅守も光り、危なげなく勝利した。

最終日は19日、同スタジアムで決勝を行う。キックオフは午後1時。

▽準決勝=40分ハーフ
水戸啓明 2-2 鹿島学園
1-2
1-0
延長
0-0
0-0
(PK4-2)

▽得点者
【水】永井(前13分)田中(後5分)
【鹿】橋口(前7分、前14分)

明秀日立 2-0 鹿島
1-0
1-0

▽得点者
【明】深見(前6分)高嶋(後15分)

全国・世界のニュース

2017 年
 11 月 24 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス