2017年12月6日(水)

県民駅伝 9日号砲 109チーム熱戦へ

市町村対抗の部 日立市A3連覇狙う

前回大会、市町村対抗の部で2連覇を飾った日立市A=2016年12月10日、笠松運動公園
前回大会、市町村対抗の部で2連覇を飾った日立市A=2016年12月10日、笠松運動公園

第34回県民駅伝競走大会(県体育協会主催、茨城新聞社、茨城陸上競技協会、げんでんふれあい茨城財団共催)は9日、那珂市の笠松運動公園内周回コースで開催する。大会は市町村対抗(7区間、22・19キロ)、職域対抗(5区間、15・85キロ)、クラブ対抗(同)の3部門に、計109チームが出場する。

24チームが出場する市町村対抗の部は、1区が中学男子、2区が高校女子、3区が高校男子、4区が中学女子、5区が中学男子、6区が一般女子、7区が一般男子で争われる。過去18度の優勝を誇り、3連覇を狙う日立市Aが最有力。ここに前回準優勝した水戸市と、日立市B、日立市Cを加えた4チームが優勝争いの軸となりそう。

40チームが出場するクラブ対抗の部は、昨年惜しくも準優勝に終わった一昨年の覇者・RUNSが王座奪還を狙う。昨年3位の美野里クや、我流AC-Aも力がある。

職域対抗の部は、3部門の中で最多の45チームが出場。土浦消防Aが3連覇を目指す。日立建機陸上部、笠間市消防Aなど、実力十分なチームが顔をそろえ、接戦が予想される。

スタートは職域対抗の部が午前9時半、クラブ対抗の部が同10時50分、市町村対抗の部が午後0時半の予定。

全国・世界のニュース

2017 年
 12 月 17 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス