2018年1月4日(木)

小中生の視力低下続く 「1.0未満」過去最悪 県内も増加傾向

スマホ普及も影響

【AD】

裸眼の視力が「1・0未満」の小中学生の割合が過去最悪となったことが、文部科学省の2017年度学校保健統計調査(速報値)で分かった。小学校は3年連続、中学校は4年連続で視力が低下。文科省は「スマートフォンなどの普及で画面を近くで見る機会が増…



  • 記事全文(1117文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 1 月 19 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス