2018年1月6日(土)

「市長は逃げた」 知事発言に抗議 北茨城市長

【AD】

大井川和彦知事に公の場で「市長は逃げた」などと発言され名誉を傷つけられたとして、北茨城市の豊田稔市長は5日、大井川知事宛てに抗議文を提出した。文書で回答を求めているが、大井川知事は同日の定例記者会見で「大した話ではない」と、受け流す考えを示した。

抗議文によると、豊田市長は昨年1月、知事選の立候補予定者だった大井川知事から面会要請を受けたが、公務のため会えなかった。同12月に開かれた高萩市長の市政報告会に出席した際、壇上の大井川知事から「北茨城市長は逃げた」と2度指をさされた。

豊田市長は「大きな権限を持つ知事が言うべき発言ではない。(知事選後は)ノーサイドと言っているが全くそうなっていない」と説明した。これに対し大井川知事は発言内容を大筋で認めた上で「大きな話とは考えておらず、言葉のあや。市長も選挙中はいろいろ言っていた」と述べた。

昨年8月の知事選で豊田市長は、当時現職の橋本昌氏の選対本部長を務め、自民、公明両党が推薦する大井川知事と激しい選挙戦を繰り広げた経緯がある。

全国・世界のニュース

2018 年
 1 月 22 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス