2018年1月14日(日)

「今年はシード権を」 畑岡選手、祝勝会で抱負

祝勝会参加者と記念撮影をする畑岡奈紗選手(右)=笠間市南小泉
祝勝会参加者と記念撮影をする畑岡奈紗選手(右)=笠間市南小泉

昨年10月に行われた、ゴルフの日本女子オープン選手権で連覇を達成したプロゴルファーの畑岡奈紗選手=笠間市出身=の祝勝会が13日、同市南小泉の宍戸ヒルズカントリークラブで開かれ、同クラブの会員やゴルフ関係者ら241人が集まり快挙をたたえた。
この日は畑岡選手の19歳の誕生日。だいだい色を基調とした着物姿で登場し「昨年はアメリカで持ち味を出せなかったが、日本で2勝でき全体ではいいシーズンになった。今年はシード権を獲得できるように頑張りたい」とあいさつした。
祝勝会は笠間市長の山口伸樹氏ら6人が発起人を務めた。発起人を代表し、山口市長は「会うたびに階段を上がるように成長していった。わくわくしている」と話し、来賓の大井川和彦知事は「日本ではなく、あえて厳しいアメリカのツアーに挑戦する姿こそ、私が求める挑戦する茨城」と期待を寄せた。畑岡選手の恩師でプロゴルファーの中嶋常幸選手はビデオメッセージを寄せ「2連覇おめでとう。奈紗のいいところを伸ばして、好かれて愛されていって」とエールを送った。

全国・世界のニュース

2018 年
 7 月 23 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス