2018年1月17日(水)

TX3月ダイヤ改正 「追い越し設備」活用

乗り換えスムーズに

【AD】

つくばエクスプレス(TX)を運行する首都圏新都市鉄道(東京)は16日、3月17日から実施するダイヤ改正の概要を発表した。昨年11月に守谷駅構内に設置した追い越し設備を活用し、日中時間帯の運転パターンを変更するほか、平日に普通列車の上下線計12本を増発するなど利便性向上を図る。

守谷駅への同設備設置により、日中時間帯に快速が普通列車を追い抜く駅を、現行の流山おおたかの森から、八潮と守谷の2駅に変更。それに伴い、快速と普通列車の乗り換えがスムーズになるほか、つくば発の快速と区間快速の運転間隔を最大で21分(現行25分)に短縮する。

夕方から夜の時間帯は混雑解消のため、平日午後5〜7時台に秋葉原発守谷行きの下り普通列車を計5本増発。

ほかに、守谷-秋葉原間の普通列車では、平日午前9〜10時台に上下線各1本、午後4〜6時台に上り5本を増発する。

全国・世界のニュース

2018 年
 8 月 18 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス