2018年1月20日(土)

リンゴコロッケ優勝 愛国学園大龍ケ崎高生考案

甘味と塩気が「斬新」 今春にも市内で販売

コロッケコンテストで優勝した愛国学園大付属龍ケ崎高の生徒たち=龍ケ崎市のにぎわい広場
コロッケコンテストで優勝した愛国学園大付属龍ケ崎高の生徒たち=龍ケ崎市のにぎわい広場

コロッケの町・龍ケ崎市に、愛国学園大付属龍ケ崎高(同市若柴町)の女子高生が考案したリンゴの形をした甘味のある“リンゴコロッケ”が仲間入りする。今月、市内で開かれたコンテストで、「スイーツのような斬新なコロッケ」と評価され優勝。優勝を受け、同高のコロッケは今春にも市内飲食店で販売される予定という。レシピの考案者、和田奈津希さん(16)=1年=は「かわいいなと思ってもらえることを第一に考えた。おやつ感覚で食べることができる」と、うれしそうに話した。

同高のコロッケの名称は「AIRYU(アイリュウ)コロッケ」。和田さんとクラスメートの石川さくらさん(16)、杉浦捺希さん(16)、高橋園花さん(15)の4人が調理し、同市のにぎわい広場で、14日開かれた「第5回コロッケコンテストコロリンピックin龍ケ崎」(市商工会主催)に出品した。

コンテストは、新たな名物コロッケを誕生させようと開催。事前審査を勝ち上がった中高生、専門学校生、主婦らの10作品が出品された。会場に訪れた人たちが見た目を、審査員が味の審査を行い、合計点で順位を決め、同高のコロッケが1位に輝いた。

“リンゴコロッケ”は、砂糖漬けにしたリンゴや、サツマイモ、チーズなどを用いており、甘味と塩気があるのが特徴という。見た目もリンゴの形をしており、茎の部分には紫イモを使っている。4人は「最初はリンゴを生のまま使ったら、あまり味が出なかった。リンゴを砂糖漬けにするなど、いろいろと工夫した」と説明。商品化については「自分たちのコロッケがお店で食べていただけるようになるなんて、本当にうれしい」と笑顔があふれた。

同高のコロッケは市内飲食店でつくる「コロッケクラブ龍ケ崎」(飯島進会長)の加盟店で販売を計画。高校生考案のコロッケの販売は2例目という。飯島会長(47)は「斬新な発想のコロッケで、食べてみたらスイーツのようだった。形、表現力、味も見事な出来だった」と、名物誕生に太鼓判を押している。

商品化については、コンテストで2位になった市立城南中の「ギョーザコロッケ」も検討されている。 (鹿嶋栄寿)

最近の記事

全国・世界のニュース

2019 年
 1 月 20 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス