2018年1月25日(木)

東海第2 工事の補正申請遅れ 原電報告

規制委「緊張感を」

東海第2原発の適合審査への対応方針を説明する日本原子力発電の村松衛社長(左から2人目)=原子力規制委員会
東海第2原発の適合審査への対応方針を説明する日本原子力発電の村松衛社長(左から2人目)=原子力規制委員会

原子力規制委員会は24日、臨時会合を開き、日本原子力発電(原電)の村松衛社長らと面談した。原電は同日、東海第2原発(東海村白方)の安全審査の一環で施設の詳細設計をまとめた工事計画認可の補正申請が遅れる見通しを、面談に先立つ会合で規制委に説明。これを受けて、面談で更田豊志委員長は「緊張感と決意を持って取り組んでもらわないといけない」と要望。村松社長も「大変重要な経営課題と認識している」などと応じた。規制委と村松社長の面談は前回の2016年11月を含めて3回目。

東海第2の再稼働は、11月までに新規制基準適合審査に合格した上で、工事計画と40年を超える運転延長の認可が前提となる。工事計画の審査に関し、原電は昨年11月に1回目の補正を行い、今年1月末の2回目の補正で議論の本格化を目指していたが、同日、2月上旬にずれ込む見通しを報告した。

会合で、更田氏や設備関係の審査を担当する山中伸介委員が「時間的に相当厳しくなっている」と指摘。村松社長は、審査体制をこれまでの約160人体制から、他の電力会社の応援も含めて約40人増員したことを報告した上で、「経営の最優先事項の一つとして捉えており、危機感を持って進めている。重く受け止めている」と強調した。

東海第2の核燃料のデータの一部が誤っていた問題についても、規制委側から原因分析や、他の安全評価に影響がないか確認するよう求める意見が相次いだ。村松社長は、謝罪した上で「安全を徹底し、社長としてリーダーシップを取って取り組む」と強調した。 (高岡健作)

全国・世界のニュース

2018 年
 7 月 22 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス