2018年2月15日(木)

大洗町がPR動画第2弾 蝶野さん、町民らと“コラボ”

地元高校生も登場

大洗町が制作したCMのワンシーン(町提供)
大洗町が制作したCMのワンシーン(町提供)

大洗町を全国に発信しようと、町がプロレスラーで大洗大使の蝶野正洋さんを起用したCMを制作し、動画投稿サイト「YouTube」(ユーチューブ)で公開を始めた。昨年度に続く第2弾で、地元の高校や港などを舞台に蝶野さんがPRを繰り広げる。現在3本が公開されている。

蝶野さんは1984年にプロデビュー。武藤敬司さん、故橋本真也さんと組んだ「闘魂三銃士」で人気を博したほか、自身が結成したヒールユニット「nWoジャパン」も日本のプロレスに一時代を築いた。近年は防災普及などの社会貢献活動に力を入れている。2016年には大洗大使に委嘱され、町の魅力発信に一役買っている。

投稿されている動画は、いずれも2〜2分半の長さで昨年夏に町内で撮影された。CMの中で蝶野さんは、県立大洗高マーチン部バンド部「ブルーホークス」の生徒の元にサプライズで訪問して一緒にトランペットを演奏したり、地元の漁師とシラス漁に挑戦したりするなどし、町民らと交流しながら町を紹介する内容となっている。このほか、蝶野さんがブルーホークスの指揮者を務める特別仕様の動画も編集が続けられているという。

これらのCMは、町の公式ホームページでも閲覧できる。

商工観光課の担当者は「メディア露出が多く、知名度が高い蝶野さんとタッグを組むことで、大洗を強くPRできれば」と期待を寄せた。 (鈴木剛史)

全国・世界のニュース

2018 年
 10 月 18 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス