2018年2月25日(日)

茨城県民フォーラム設立 民進議員ら政治団体届け出へ

「茨城県民フォーラム」の設立大会=水戸市内
「茨城県民フォーラム」の設立大会=水戸市内

民進党茨城県連に所属する議員らが新たな超党派の政治団体「茨城県民フォーラム」を24日、設立した。県議や市町村議、議員を目指す人らで構成し、近く政治団体として正式に届け出る。年末の県議選などに向けて、雇用対策など10項目の政策面で連携を強める。

同日、水戸市内で設立大会が開かれ、民進党県連の長谷川修平氏が代表に就任。県議会の民進党県議団について、会派名を「茨城県民フォーラム」に変更する考えを示した。県議選の候補者選びについては「県民フォーラムを軸に進める」とした。

主な政策として、雇用安定や労働環境の整備▽子どもを産み育てやすい環境の整備▽茨城の資源を生かした産業活性化と雇用確保-など10項目を掲げる。今後、「茨城版マニフェスト」の作成を目指す。

メンバーは、党派を超え、基本政策に賛同する自治体議員や候補者らで構成。国会議員は含まない。事務局は当面、民進党県連内に置く方針。

長谷川代表は「県議選や来年の統一地方選に向け、組織拡大を図りたい」と話した。(朝倉洋)

最近の記事

全国・世界のニュース

2019 年
 1 月 20 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス