2018年3月12日(月)

水戸3位浮上 讃岐下す J2第3節最終日

【AD】

明治安田J2第3節最終日(11日・Pikaraスタジアムほか=10試合)水戸は2-1で讃岐を下した。通算成績2勝1分け、勝ち点7で3位に浮上した。

水戸は後半8分、岸本のクロスにジェフェルソンバイアーノが飛び込んで先制。同13分に同点に追い付かれたが、同37分、宮本がペナルティーエリア内でゴール前にボールを送り、これに伊藤涼が丁寧に合わせて勝ち越した。ジェフェルソンバイアーノは今季3得点目、伊藤涼はプロ初得点だった。

■良い場面つくれた 水戸・長谷部監督
90分で勝てたことは良かった。前半は膠着(こうちゃく)した面白みのない試合だった。後半、得点と失点で試合が動いたことによって、われわれにとって良い場面をつくれるようになった。

■水戸・伊藤涼
不思議と落ち着いていた。決めることができて良かった。今日の結果ぐらいでは満足できない。

▽ピカスタ(観衆2,693人)
讃岐 1勝2敗(3) 1-2 水 戸2勝1分け(7)
0-0
1-2

▽得点経過 讃 水
後8分
【水】 0-1 ジェフ
後13分
【讃】 1-1 重松
後37分
【水】 1-2 伊藤涼

全国・世界のニュース

2018 年
 9 月 19 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス