2018年3月14日(水)

震災7年 原木シイタケ生産 事故前の半数200人に

県内出荷自粛解除進み 収量徐々に回復

【AD】

東日本大震災発生直後の福島第1原発事故の影響で、県内の原木シイタケ栽培は大きな打撃を受けた。県によると、2017年9月末時点で、生産者は事故前の半数ほどの約200人に落ち込んでいる。現在も国の出荷制限、県の出荷自粛要請が解除されていない生…



  • 記事全文(1320文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2018 年
 12 月 12 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス