2018年4月10日(火)

現新の一騎打ち 鹿嶋市長選が告示

【AD】

任期満了に伴う鹿嶋市長選は8日告示され、いずれも無所属で、2期目を目指す現職の錦織孝一氏(71)=公明推薦=と、新人の元市議、佐藤信成氏(44)の2人が立候補を届け出た。投票は15日、市内22カ所で行われ、午後7時から同市神向寺の市立カシマスポーツセンターで即日開票される。有権者数は5万6824人(7日現在)。

錦織氏は同日午前10時から宮中の事務所駐車場で出陣式を行い、国会議員、県議、県内各地の首長や支援者約2300人が応援に駆け付けた。錦織氏は高齢者の生活環境改善や子育て支援など「着実に少しずつ前に進んできた」と1期目の実績を強調。「一連の流れをこれからもっと充実させる。鹿嶋のために一生懸命、全知全能を傾け頑張る」と訴えた。

佐藤氏は同日午前9時から事務所近くのスーパー駐車場で出陣式。県内各市の市議や支持者を前に、2月に現職の錦織氏が白紙とした歴史資料館(仮称)建設計画について「現職は議会の答弁で造らないとは答えていない」と指摘。「ハコモノをつくるより、市民の身近な暮らしの安心安全が確保できる行政に変え、お金の使い方を変えていく」と決意を述べた。

8日告示された同市議補選(欠員1)には、無所属新人の笹沼康弘氏(41)のみが届け出し、無投票当選を決めた。佐藤氏は立候補の届け出時点で市議を自動失職となったため、同市議の欠員は1のまま。(23面に市議補選当選者略歴)

【鹿嶋市長選立候補者(届け出順)】
錦織孝一(にしきおりこういち) 71市長 無現

【略歴】当選1回。元県議当選3回、鹿嶋市議当選1回、鹿島町議当選2回、鹿島青年会議所理事長、米穀肥料店経営。東京理科大卒。須賀

【公約】(1)地域医療の充実(2)待機児童ゼロの継続など子育て環境づくり(3)茨城国体、東京五輪を生かした観光都市づくり
http://www2.sopia.or.jp/ko-ichi/

佐藤信成(さとうのぶなり) 44元市議 無新

【略歴】行政書士佐藤信成事務所代表、県行政書士政治連盟副会長。元鹿嶋市議当選2回、タイヨー社員。専修大卒。港ケ丘

【公約】(1)歴史資料館(仮称)建設計画の白紙撤回(2)大野地区の雨水排水対策など地域間格差解消(3)市民協働のまちづくり
http://310satou.blog.jp/

全国・世界のニュース

2018 年
 8 月 19 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス